RTS Corporation (200x120).jpg

FIT価格が継続して下がる中、2017年の太陽光発電市場は下降傾向にあるようにみえましたが、今年は新たな軌道がみえてきました。

今年の太陽光発電市場は大変な1年でした。7月には、第5次エネルギー基本計画が決定し、

太陽光発電の導入率をさらに高めるために各省庁がさまざまな政策を打ち出しています。

経済産業省は、戦略エネルギー計画に組み込まれた設置目標を設定しています。2030年から2050年にかけての日本のエネルギー政策の新たな方向性を示し、再生エネルギーの主流化を目指しています。日本が世界のエネルギー転換と脱炭素化をリードするためには、太陽光発電市場のいくつかの重要な問題に対処しなければなりません。

また、環境省も「環境省再エネ加速化・最大化促進プログラム」による地域社会のイニシアチブによる再生可能エネルギー、省エネルギー、エネルギー貯蔵の促進を起草しました。このプログラムは、再生可能エネルギー、省エネルギー、およびエネルギー貯蔵の組み合わせを促進する7つの中核的な柱に取り組んでいます。

以上の点は、日本が2018年に経験した政策変更のほんの一例に過ぎません。日本市場をより良く理解するためには、常に最新の太陽光発電市場の動向を知ることが非常に重要です。 株式会社資源総合(RTS Corporation)が発行しているレポートは日本で活躍する開発者や投資家にとって貴重なツールです。

その理由は以下になります:

  • この洞察は、最新の政策転換が日本の太陽光発電市場に及ぼす影響を調査し、これらの政策インセンティブの性質について解説しています。

  • 現在のFIT価格、2MW以上のPVプロジェクトの入札制度、FIT法の下での変更、CODの期限、既存の発電所の改修の条件、グリッド接続のための入札制度が報告されています。

  • 承認されたプロジェクトのマーケットセグメンテーションとパイプラインを分析しています。レポート内には日本の主要プレーヤーの概要、最大のプロジェクト、PVシステムの価格、PVシステムの設置容量など、市場の現状が含まれています。

  • 最後に、この200ページ以上のレポートは、市場の可能性についての明確な理解を読者に提供し、将来の見通しについても書かれています。


このレポートの続きが気になりますか?以下のフォームに記入し送信してください。

株式会社資源総合の担当者からご連絡をさせていただきます。

Comment