「日本の太陽光発電資産所有ポートフォリオランキングTOP50」に引き続き、今回は「日本におけるPVオペレーション&メンテナンス(O&M)」市場に関する見通しについての記事を作成しました。

しっかりと適切に行われたメンテナンスプログラムは、太陽光発電システムの長期的な性能を確保する上で極めて重要な役割を果たすと言えば十分でしょう。 2018年のO&M価格は世界中で低下の動きがあり、2019年も同じ動きになるであろうといわれ、その動きは市場を新たな道へ向かわせると予想されています。しかし、それでもやはり各国の太陽光発電市場はそれぞれ異なる特性や課題を持っています。

今回、日本のO&M市場の動向をよりよく理解するために、国内の主要O&Mサービスプロバイダーのリストを作成しました(リストを見る)。また、オリックス株式会社のO&M部門であるOREM(オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント)の担当者に、国内のO&M市場の景観についてのインタビューから得た内容も掲載しました。

O&Mサービスプロバイダーリストについては企業名と、2019年3月末までのO&M総実績数、自社保有アセットへのO&M実績数、そしてサードパーティアセットへのO&M実績数を掲載しています。リストに掲載しているのは弊社のヒアリングにご回答いただいた企業のみです。

記事全文とリストを見るには下記のフォームにご入力ください

Comment