プログラム /// 1日目
2019年5月30日
 
09:00 開会の言葉

セッション 1
09:15 日本におけるO&Mとアセットマネジメントランドスケープの変貌
  • • 地域セグメント別の累積設備容量
  • • O&Mサービスプロバイダーとアセット所有者の概要&セグメンテーション
  • • O&M市場の規模と成長性を予測する
09:45 FIT改正案の修正:ディベロッパー、インベスター、レンダーへの影響
  • • FIT改正案修正を分析する:どのようなプロジェクトが影響を受け、いつ、何を実行するべきなのか?
  • • プロジェクトファイナンスと将来のプロジェクト資本コストへの影響
  • • 海外投資家からの信頼感についての反映
  • • EPCにとっては時間との闘いになるのか?
10:30 - 11:15 AMコーヒーブレーク

セッション 2A | ライフサイクル品質保証

11:15 不採算プロジェクトの品質問題の分析:早期発見と診断について
  • ※2社によるそれぞれのケーススタディプレゼンテーションを予定
11:45 ラウンドテーブルセッション
  • ※複数の登壇者が学んだ教訓、解決策、および技術革新について話し合うセッションの予定。

セッション 2B | O&M戦略と労働力

11:15 変化するO&M契約
  • • O&Mサービスプロバイダーに対するアセット所有者の要求はどのように変化しているのか
  • • 現在のO&M契約のKPI、保証および価格設定を反映して
  • • フルサービス契約 vs 基本契約+追加サービス契約:両方の経験を経て
12:00 もう一つの側面:垂直統合型モデルにおける考慮事項
  • • O&Mのインハウス化する利点と隠されたハードルとは
  • • 資産管理プロセスにおけるO&Mインハウス化の効果
  • • 1つの戦略がすべてに適してるわけではない:投資戦略の変数を拡大する
12:25 日本のPV労働市場:太陽光エキスパートはどこで見つける?
  • • 現在の業界におけるスキルのギャップは何か?
  • • トレーニングや認定プログラムによって現在の問題をどのように軽減され、標準のクオリティを提供できるのか
12:45 - 14:00 ランチブレーク

セッション 3A | パフォーマンスエンジニアリング&パネルの汚損

14:00 パフォーマンスエンジニアリング
  • • モニタリングはどのようにして受動的な役割から能動的な役割へと移行することができるのか
  • • 予測データ分析を利用したプラント保全計画の最適化
14:45 天から降り注ぐもの:パネル汚損と雪対策
  • • 日本における汚損レベルの測定
  • • 日本で最も費用対効果の高いパネル清掃ソリューションは何か
  • • 気象データに基づくパネル清掃スケジュールの最適化
  • • 雪対策におけるベストプラクティス

セッション 3B | PVセカンダリーマーケット

14:00 日本のPVセカンダリー市場:ギガワット規模の市場?
  • • セカンダリー市場の成長:その要因は何かを推測する
  • • 注目すべき取引事例:主要の買い手はだれなのか
  • • 資産評価:売り手と買い手間の市場格差
14:45 何を注意深く検討するべきか?:稼働済みアセット獲得のアップサイドポテンシャル
  • • 契約の詳細を検討する:FIT制度下の耐用年数、接続契約およびO&M契約について
  • • O&M契約が発電所またはポートフォリオの価値に与える影響
  • • 性能が低下している太陽光発電所を改良する利点の評価:日本では何が可能なのか
15:30 - 16:15 PMコーヒーブレーク
セッション 4
16:15 様々なデジタルツール:FIT価格が縮小している市場における自動化の利点
  • • ワークフローをよりスマートかつ効率的にするためのアプローチ
  • • デジタルツールへの移行における課題
  • • OPEX削減の機会はどこにある?
17:00 - 18:00 ネットワーキングドリング
18:00 ネットワーキングディナー
 
プログラム /// 1日目
2019年5月30日