プログラム /// 2日目
2019年5月31日
 
09:00 開会の言葉

セッション 5
09:15 日本のPV出力抑制:増えている現実?
  • • 貸し手と投資家は出力抑制のリスクをどのように予測しているのか?
  • • 九州地域における出力抑制の影響の評価
  • • 緩和策としての地域電力会社間の系統連系
10:00 - 10:45 AMコーヒーブレーク

セッション 6A | 従来のソーラーを超えて

10:45 ソーラー&ストレージ:ビジネスモデルの評価
  • • 世界における蓄電池事業の展開と支援策の推進要因
  • • FIT制度下におけるピークカット
  • • 日本における最初のPV +ストレージプロジェクト運用経験についての考察
11:30 水上太陽光発電の台頭
  • • 水上太陽光発電の現在の状況と今後の見通し
  • • 日本の水上太陽光発電のケース:リスクはリターンを上回る?
  • • フローティングシステムの出力、効率、および性能を解明する

セッション 6B | リスクマネジメントとリファイナンス

10:45 PV資産のリスクを軽減するための重要な要素
  • • リスクマネジメントとは:何を伴うのか、それが投資家やスポンサー、資産運用者にとってなぜ重要なのか?
  • • どのような保険、補償が日本市場で増えてきているのか
  • • 日射量はどの程度までリスクとして認識されているのか?パフォーマンスと保険に対する気候変動の影響の評価
11:30 リファイナンス・ストラテジー
  • • 太陽光発電資産のリファイナンスに関するさまざまなオプションと経験
  • • 銀行融資の代替手段を評価する:債券(ボンド)、イルドコ (Yield Co)など
12:15 - 13:30 ランチブレーク
セッション 7
13:30 イノベーションラボ:「未来は今」
  • ※新技術、革新的なサービス、そして将来のビジネスに焦点を当てた最先端トピックに関するプレゼンテーション。 これらの技術の発展は、太陽光発電産業の成長とその競争力をどのように支えていくのか?スピードスピーチ形式でのセッションを予定。
14:30 - 15:15 PMコーヒーブレーク
セッション 8
15:15 日出づる国 - The land of the rising sun -
  • • 太陽光発電の潜在的機会:コーポレートPPA、非化石証書、自己消費型モデルの分析
  • • 日本で太陽光発電が基幹電源となるための重要な要素
  • • 太陽光発電の可能性を最大限に引き出す:今後のアセットマネジメントの役割
16:00 ネットワーキングドリング
17:00 カンファレンス終了
 
プログラム /// 2日目
2019年5月31日