recordings.png

Japan’s FIT retroactive measures and considerations for operating in a competitive landscape 

FIT法告示改正案への対策と、激しい競争の環境下において運営を行うことについての考慮事項

Last November, the news regarding Japan’s Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) proposal on reducing the feed-in tariff for large-scale PV projects spread like wildfire across the industry. The cut would affect projects approved between 2012 and 2014, which are entitled to  ¥40, ¥36 and ¥32/kWh rates. Although later in December the completion deadlines were alleviated, there are still uncertainties swirling around the measures’ implementation, and many investors and operators are threatening lawsuits against the government. Haruki Yamaya, Senior Analyst at RTS will shine light on the framework of the retroactive cuts, while reflecting on the implications for different industry players (developers, EPCs, operators and debt providers) and how these changes can affect the future trajectory of solar in Japan. 

Not only these reforms might see some of the affected projects starting operations at lower feed-in tariffs, but in reality the Japanese PV market has been slowly transitioning towards lower rates, as a result of the annual revision of the FIT-scheme and the recently introduced PV tenders (for projects above 2 MW).  These dynamics are certainly forcing operators to reshape Asset Management and O&M strategies in an increasingly competitive market. Marco Alves, an independent consultant for major stakeholders active in Japan, will provide an in-depth analysis on key aspects and major trends resulting from operations at lower feed-in tariffs.

昨年11月、経済産業省から大規模太陽光発電プロジェクトの固定買取価格を引き下げるという発表があり、このニュースは瞬く間に業界全体に広まりました。これは主に、2012年から2014年の間に承認された40円、36円、および32円/ kWhの価格が適用されている未稼働の太陽光発電プロジェクト案件に影響を及ぼすものです。 その後12月後半にプロジェクトの受領期限は延長されましたが、施策の実施にまつわる不確実性が依然としてあり、投資家や運営者が政府に対する訴訟が頻発する可能性も現れています。

今回の改正により影響を受けた未稼働プロジェクトの一部がより低い固定買取価格で運転を開始する可能性があるだけでなく、2019年度のFIT価格はさらに引き下げられ、2MW以上の太陽光発電プロジェクトに対しては、入札制度が適用されている事実からも、日本のPV市場はより低いFIT価格への移行がはじまっています。これらのダイナミクスは、ますます競争が激しくなる市場において、運用会社に資産管理、およびO&M戦略の見直しを強いています。

  今回のFIT法告示改正案の枠組みを明らかにし、さまざまな業界のプレイヤー(開発者、EPC、事業者、および債務者(銀行))への影響と、そしてこれらの変化が日本の太陽光発電の将来ににどのように影響するのかについて、株式会社資源総合システムのシニアアナリストである山谷東樹氏に、より低い固定買取価格における運営から生じる、重要な側面と主要な傾向についての詳細な分析について、日本で活躍する主要なステークホルダーに対して独立的な立場でコンサルタントを行っているマルコ・アルヴェス氏にお話いただきます。

recordings.png


Webinar /// Digitalization as a key ingredient in a maturing market: how data is transforming Solar Asset Management and O&M

In this webinar dedicated to the transformation of the solar PV industry by the irreversible trend of digitalization, PowerHub and Dronegrid will explain its impact on Asset Management and O&M from the front line.

James Pagonis from PowerHub will give insights into the broader trend of digitalization and the fundamental importance of centralized information while Vishal Punamiya will zoom in into an specific form of digitalization: aerial data captured by drones that is being implemented by large enterprises to digitize their sites and successfully incorporating them into operational workflows and decision-making process.

Where will the industry head in the years to come ? Join us to discover!

* Since this webinar took place, Dronegrid decided to re-brand to Sitemark. 

Webinar /// Insights into components & plant performance: identifying and mitigating common risks

recordings.png

太陽光発電所のコンポーネントとパフォーマンス:共通のリスクの特定と緩和方法について

During this webinar, meteocontrol's Yoshitaka Santoki will reflect on tools for data analytics; best practices regarding their effective implementation; risk mitigation strategies; and OPEX optimization adapted to the specific conditions of the Japanese solar PV market. 

このウェブセミナーではメテオコントロール社の山時氏に、データ分析のためのツールについて、効果的に導入するためのベストプラクティス、 リスクを軽減するための戦略、日本のPV市場特有の条件に適合したOPEXの最適化などについてお話いただきます。

Webinar /// Due diligence activities in a solar transaction in Japan

無料ウェブセミナー /// 国内の太陽光発電所取引におけるデューディリジェンス(資産価値評価)業務について

In cooperation with our content partner RTS Corporation and GSSG Solar, we hosted a complimentary webinar on Tuesday 21 February 2017, 10am CET / 18pm JST. During this webinar, RTS Corporation's Izumi Kaizuka highlighted the latest market regulation developments while GSSG Solar’s Martin Mesmer reflected on the current O&M trends in the Japanese solar market.

今年度カンファレンスのゴールドスポンサーであるKPMG税理士法人とソラリグ社のご協力のもと、第2回目の無料ウェブセミナーを開催いたします。今回のウェブセミナーでは、KPMG社のデイビッド・ルイス氏とユージーン・ルーシン氏の両名に、太陽光発電所の取引に係る税務上の影響や問題点などについてご講演いただき、ソラリグ社のダビッド・バジェホ氏に、「太陽光アセットのパフォーマンスとその価値について評価をするための主な技術的検討事項」というテーマでご講演いただきます。


Past Webinar /// Solar Market Regulations and O&M developments in Japan

Tue, Feb 21, 2017 /// 10:00 AM - 11:00 AM CET /// 18:00 PM - 19:00 PM JST

無料ウェブセミナー /// 太陽光発電市場に関わる改正FIT法の解説と日本のO&M市場の動向

2017年2月21日(火)/// 中央ヨーロッパ時間 / AM10:00 - 11:00 /// 日本時間 / PM18:00 - 19:00


In cooperation with our content partner RTS Corporation and GSSG Solar, we hosted a complimentary webinar on Tuesday 21 February 2017, 10am CET / 18pm JST. During this webinar, RTS Corporation's Izumi Kaizuka highlighted the latest market regulation developments while GSSG Solar’s Martin Mesmer reflected on the current O&M trends in the Japanese solar market.

株式会社資源総合システム社とGSSGソーラー社のご協力のもと、弊社主催の無料ウェブセミナーを2017年2月21日(火曜日)日本時間18:00(中央ヨーロッパ時間10:00)に開催いたしました。
このウェブセミナーでは株式会社資源総合システムの貝塚 泉氏に改正FIT法についての詳細や最新情報についてご説明いただき、GSSGソーラーのマーティン・メズマー氏に現在の日本の市場におけるO&Mの動向についてご解説いただきました。


IZUMI KAIZUKA /// RESEARCH DIVISION MANAGER - RTS CORP
Ms Izumi Kaizuka is the manager of Research Division in RTS Corporation, a PV consulting company with more than 30 years history based in Tokyo. She has been Japan’s representative of Task 1, IEA PVPS since 2003 and one of the authors of IEA PVPS Trends Report. She has been conducting various research projects as a PV market and industry analyst for METI and other government organizations, research institutes and PV companies in Japan and overseas. She also regularly writes articles on PV market for professional magazines.
IZUMI KAIZUKA
RESEARCH DIVISION MANAGER /// RTS CORP

Izumi Kaizuka:

  • Current status of the Japanese PV market

  • Overview of the revised Renewable Energy Law

  • Criteria for PV plant approval under new FIT program

  • FIT reduction and new tender system

    • RTS forecast on the PV installed capacity

貝塚 泉(かいづか いずみ) /// 調査事業部部長 - 株式会社資源総合システム
太陽光発電事業のコンサルティング企業として30年以上の歴史をもつ(株)資源総合システムにおいて調査事業部長を務める。2003年より国際エネルギー機関・太陽光発電システム研究協力プログラムにおける太陽光発電動向の分析・情報普及部会(IEA PVPS Task1)の専門家として活動に参加しており、IEA PVPSによる年刊レポート「Trends Report」の著者のひとりでもある。太陽光発電市場及び産業のアナリストとして、経済産業省やその他政府機関向けの調査や国内外の太陽光発電産業向けの調査等を担当している。国内外の専門誌において太陽光発電の動向を定期的に執筆している。
貝塚 泉(かいづか いずみ)
調査事業部部長 /// 株式会社資源総合システム

貝塚 泉:

  • 日本の太陽光発電市場の現状

  • 改正FIT法の概要

  • 改正FIT法における太陽光発電所の認定基準

  • FIT価格の低減と新入札制度について

  • 資源総合システムによる今後の太陽光発電導入量の予測

MARTIN MESMER /// DIRECTOR OF OPERATIONS - GSSG SOLAR
Martin is responsible for ensuring each project in GSSG Solar’s Japanese portfolio is designed and built to the highest quality and performance standards available. He evaluates the selection of each EPC partner and supplier while constantly optimizing the layout, structure, and electrical scheme of each design with an eye for long-term investment performance. In addition to standard design tools and optimization software, Martin relies heavily on the relationships and experiences he has built over his 20 years in the solar industry. He started his solar career analyzing the first HIT cells manufactured at Sanyo Solar in Hirakata-City, Japan. Later, he has served as a technical advisor to Intel Capital for photovoltaic investments, built the US PV engineering team for Siemens, and developed E.On’s PV engineering division in San Francisco. Prior to joining GSSG Solar, he oversaw the technical design, negotiation, and implementation of over 240 MW of PV plants in Japan for a leading IPP. He holds a degree in Electrical Engineering from FachHochschule Regensburg in Germany. He is fluent in German, Japanese, and his native English and conversational in a handful of other world languages.
MARTIN MESMER
DIRECTOR OF OPERATIONS /// GSSG SOLAR

Martin Mesmer:

  • Operating in mountainous terrain – how to avoid or minimize grading costs

  • JIS 8955 standard reinforcement for mechanical racking

  • Potential value of drones for OPEX reductions

  • Portfolio aggregation – portfolio thinking versus asset thinking in Japan

マーティン・メズマー /// 事業本部長 - GSSG SOLAR
マーティン・メズマーはGSSGソーラー日本国内ポートフォリオにおける各プロジェクトの責任者。 発電所が最高の品質で利用可能な性能基準で設計・建設されているかを確認し、長期的な投資パフォーマンスのためという視点を常に持ちながら各設計のレイアウト、構造、電力スキームを最適化し、各EPC・サプライヤーパートナーの選択を評価している。 標準的な設計ツール、最適化されたソフトウェアに加え、彼自身が太陽光発電業界で20年間構築してきたネットワークと経験を頼りに業務をこなす。彼のPV業界のキャリアスタートは三洋電機株式会社(日本・枚方市)で製造されていた、世界初のHITモジュールの分析からはじまった。その後 Intel Capital(インテル・キャピタルコーポレーション)で太陽光発電関連投資の技術顧問、シーメンスで米国PVエンジニアリングチームの構築、イーオーエヌでPV技術部門の開発などを手がけてきた。GSSGソーラーに入社する前は、日本の大手IPP企業にて240MWを超える国内発電所の技術設計・交渉・導入の監督を務めていた。 ドイツのFachHochschule Regensburg(レーゲンスブルク専門大学)で電気工学の学位取得。ドイツ語、日本語が流暢で、英語はネイティブ。その他いくつかの国の言語も会話レベルで可能。
マーティン・メズマー
事業本部長 /// GSSG SOLAR

マーティン・メズマー:

  • 山岳地帯での太陽光発電所の運用 - 格付けにかかる費用を回避 / 最小化する方法

  • JIS C 8955(太陽電池アレイ用支持物設計標準)の見直しについて

  • OPEX削減におけるドローンの潜在的価値

  • ポートフォリオの集約 - ポートフォリオ思考 vs アセット思考


Webinar2.jpg

Past Webinar: Weather data & PV plant performance in Japan

Wed, May 11, 2016 9:00 AM - 10:00 AM CEST


Worldwide weather data is an impact-full element in establishing project cash flows and to benchmark operational performance. Japanese lenders and developers have traditionally used NEDO as primary source for their weather data, most foreign developers and financiers however are more comfortable with other providers of data. This webinar dives into the factors that impact use of weather data, how projects can benefit from correct use of weather data, differences between Japan and other solar markets and the top 3 pitfalls in the use of a pyranometer, the principal part in an irradiation measurement system.
 

 
Webinar Anime 02.png

Dealing with weather data in Japanese PV project performance

  • How does correct use of weather data enable a more precise revenue forecast

  • Differences in application of irradiation data between Japan and other countries

  • Top 3 technical pitfalls in pyranometer data interpretation

PABLO CABEZA
JAPAN ENGINEERING DEPARTMENT /// VECTOR CUATRO
CLIVE LEE
CUSTOMER SERVICE SPECIALIST /// KIPP & ZONEN